消費者金融系カードローンの特長と借り方

消費者金融系カードローンの特長は、銀行系と比較した際の借りやすさにあります。

銀行系の方が金利などの返済条件は有利な傾向にありますが、しかしその分審査には時間がかかりやすく、またそこで要求される条件も高めに設定されています。

消費者金融系カードローンの場合はこの部分が非常に消費者側に有利に設定されていて、多少信用に難があったとしてもある程度融資を受けられる可能性が高くなるというところこそ最大の特長であると言えるでしょう。

また審査にかかる時間についても機械審査を導入しているところが多くなっているため、早ければ申し込みから30分足らずで融資を受けられるようになるというのも特長であると言えます。

こうしたことを考えると消費者金融系カードローンのベストな借り方としては「お金が必要になった時にピンポイントに借り入れをして早期に完済する」といった形になるでしょう。

これであれば銀行系と比較すれば高めに設定されている利率もそこまで大きな影響を与えませんし、何より審査の早さと融資難易度の低さというメリットを最大限に生かすことができます。

消費者金融系のカードローンの上手な借り方

では実際にお金を借りるにはどうすれば良いかというと、まず必要になるのはカードローン業者に対して申し込みをすることです。

この際には運転免許証や健康保険証、パスポートといった身分証明書が必要になり、また借入額によっては収入証明が必要になることもあります。

こうした書類を揃えて提出した後で審査通過の返答がきたのであれば、あとはカードローンに必要なカードを受け取ってATMを利用してお金を引き出す形になります。

このATMとしては様々なものが利用できますが最も身近にあって利用しやすいのは各コンビニに設置してあるコンビニATMですから、もし近くにATMが見当たらないということであればコンビニATMが利用できるかどうかを確認すると良いでしょう。

返済については各業者によって対応している方法が異なりますが、最も一般的な方法となるのは銀行振込です。

月々の返済額はプランによって固定されていることもありますがそうではない場合は借りた分に応じた返済額が業者から通知されてくることになりますから、その通知の通りの金額を口座に振り込むようにしてください。

また銀行振込以外の方法としては契約者の口座からの引き落としや、最近だとコンビニに設置されているチケット発行端末を使った返済も多く見られるようになりました。

こういった方法であれば銀行振込の際に必要になる手数料も支払わずに済むことがありますから、なるべく手数料を節約したいということであればこういった方法に対応している業者を選ぶようにすると良いでしょう。

ただ注意が必要なのは借りたお金は返さなくてはならないこと、そして消費者金融の金利は銀行と比べると少々割高だということです。最終的な支払い負担が限界を超えてしまわないよう、収支のバランスはしっかり考えた上で利用するようにしましょう。