銀行系カードローンの特長と借り方

個人融資を受けることができるサービスとしてカードローンがありますが、銀行が行っているものも存在しています。一般的に銀行カードローンの特長としては、消費者金融から融資を受けるときよりも金利が安い点があります。

カードローンのサービスを提供している消費者金融の場合には、少額融資のときには18%程度の金利が設定されていることが多いですが、大手金融機関であれば15%程度の金利となりますので、借り入れを行う利用者としては返済金額が少なくなるメリットがあります。

一方で、消費者金融のサービスの中には即日融資を実施しているところが多くありますが、銀行であれば審査に時間がかかることが多くなります。

大手金融機関の中には即日融資を実行しているところもありますが、店舗まで行く必要があります。来店不要で即日融資を受けるサービスを受けるためには、インターネット銀行のカードローンを選択することになります。

カードローンの審査は総量規制が一つのポイント

銀行から融資を受けるときの大きな特長としては、法律的に規定されている制限である総量規制の適用を受けない点があります。総量規制は、貸金業法に基づいて融資を行っている消費者金融に対して適用されるルールで、利用者の年収3分の1を超える金額の融資を行えないものとなります。

銀行は貸金業法に基づいて運営を行っているわけではありませんので、総量規制の適用の対象外となることから、年収3分の1を超えて融資を受けることも可能です。

消費者金融から借り入れをしている人の中には、複数の金融業者から融資を受けていることも考えられるために、低金利の融資先にまとめることができないことが多くなりますが、金融機関が行っている融資サービスであれば総量規制の適用を受けないために、おまとめローンとして活用したり、借り換えを行うことで金利の支払いを少なくすることができます。

銀行系カードローンの利用の仕方

借り方としては、インターネット上で運営をしている金融機関でなければ、店舗に行って申込みを行うことになります。店舗に来店して手続きを行ったり、書類を郵送する方法で借り入れの申込みをして、審査を受けます。

審査にかかる時間は申込みを行う金融機関によって異なってきますが、即日融資に対応しているところは少なく、一定の時間がかかるものと考えておいたほうが良いでしょう。審査に通過すると借り入れ契約の手続きを行いますので、本人確認書類として運転免許証や健康保険証の持参が必要になります。

融資を希望している金額によっては、収入証明書の提出が求められることも考えられますので、源泉徴収票や給与明細書を用意しておく必要があります。

借り入れ契約の手続きが完了することで、カードが発行されますので、カードを使用することでATMから資金を引き出せるようになります。ネット上で運営をしている金融機関であれば、ホームページ上で借り入れ契約をして振込み融資の依頼を行うことで、指定の口座に入金してもらうことができます。