カードローンの使いすぎでブラックにならない為の注意点

カードローンは、基本的に担保や保証人が必要なく、本人の信用のみで融資が受けられるので、幅広い年代の人が利用しています。

計画的に利用できる人は問題がありませんが、支払いに遅延や延滞があると、信用情報機関に記録が残ってしまいます。

カードローンでブラックにならないための注意点は、カードローンは、審査に受かると職業や年齢、雇用形態によって、利用限度額が決まりますが、あまり大きな金額を借りないようにする必要があります。

カードローンでお金を借りると、当然ですが金利が付くので、元金にプラスして利子を支払う必要があるので、借り入れの金額が大きいと、毎月返済をするのが難しくなってしまいます。

主婦や学生はパートやアルバイトをしている人が増えていますが、正社員に比べると収入が少ないので、借りすぎは避けるようにして下さい。

主婦の場合は、生活費が足りなくなったり、冠婚葬祭の予定が入ることが多いですが、家族や配偶者に内緒でお金を借りたい人がほとんどです。家族や配偶者に内緒でお金を借りると、トラブルの原因になってしまうので、正直に話したほうが良いでしょう。

消費者金融や信販会社で融資を受けている人が多いですが、基本的に金利は日割り計算になっているので、金利が膨れ上がり、返済をするのが困難になるケースが増えています。

債務整理に至らないために気をつけておきたいこと

一社でお金を借りている人も、返済が困難になると、複数の貸し金業者で融資を受けている多重債務の人が増えてきますが、返済をするのが難しくなると、弁護士に依頼して債務整理を検討している人が大勢存在します。

任意整理で借金を減額してもらったり、自己破産で免責が認められて、債務を返済する必要がなくなっても、多少のデメリットがあります。消費者金融、信販会社、銀行から、お金の返済能力がない人というレッテルを貼られてしまいます。

任意整理や自己破産などの債務整理を経験すると、5年から10年ぐらいは信用情報機関に記録が残ってしまいますし、一定期間を過ぎて審査を受けても、大手の貸し金業者では、融資が受けられなくなるので注意をして下さい。一定期間はカードローンを利用できないだけでなく、教育ローンや自動車ローン、住宅ローンなども組めなくなるので、現金払いをして生活をしなければならなくなってしまいます。

カードローンのブラックにならないためには、必要のないお金は借りないように努力する必要があります。現在は店頭だけでなく、インターネットを利用してパソコンやタブレットから、自宅や外出先でもお金が借りられる時代ですが、お金を返すことは容易ではありません。

日頃から浪費をする癖のある人や、競輪や競馬、パチンコなどのギャンブルをしている人は、ブラックにならないように充分注意をする必要があります。

消費者金融や信販会社などの貸し金業者は、銀行に比べると金利がやや高めになっているので、どうしてもお金を借りる必要がある時は、なるべく低金利のカードローンを選ぶようにしましょう。